葉山生命科学研究所ホームページ

あなたの病気の根本原因について

もし、あなたがご自身の不調についての根本原因をご納得しているのであれば、本ホームページは必要ありません。
なぜならば「適した検査」を行っている可能性が極めて高いからです。

どうぞこのままホームページを閉じて、前の画面に戻ってください。

逆に「問題はないはず・・・」
と言われまだ不調が続く場合は検査機関が「あなたに適した検査」を行えていない可能性を考えるべきです。

当然ベストと思われる選択を医師はしていると思います。
ですが。日本全国の医師・医療機関がすべて正しい検査をできる!
この考えは、常識的に無理があります。

では、どうやって適性検査を行ってくれるところを探すの?
そう思われると思いますよね。

その分野のコンサルティングをやっているのが、わたしです。
ご興味があればコンタクトをください。

お問い合わせフォーム
葉山隆一のプロフィールはこちら

実力派揃いの検査機関を連携させたい

長年、様々な国内病院に努め院長も経験しながら、渡米し血液研究などに励んできましたが、どうしても横の連携に不十分さを感じました。
実はかなり根が深く難しい問題。

個々の医師や病院の実力はもちろんあります。
ただ、医療現場の知識はとにかく幅が広すぎ、そして検査機関が持っている機器能力も様々。

特に「脳(頭痛、偏頭痛など)」となるとさらに難易度が高く、深くなるわけです。
わたしの専門は「眼」ですが、目と脳は末梢神経が多くつながっているので、血流の関係上、脳への影響がよく読み取れる。
つまり、体の隅々まで不調が起きることを事前に察知しやすいんですね。

その流れから、「眼と脳」を関連を詳しく調査する「脳眼ドック」をおすすめすることも多いです。
他にもMRIやエキシマレーザー手術など、最先端分野にも関わってきた知恵を総動員しあなたに適切な検査機関をご紹介するコンサルティングしましょう。

眼と脳の繋がりとは?

ご存知でしょうか?
脳から出てる「12本の末梢神経」のうち、8本は目につながっています。
逆説的に話すと「目と脳」の血流は極めて密接につながっているわけですね。
循環が悪いとあらゆる病気の関連を想定することになり、血液循環不良などの早期発見で対処療法が違ってくることをご納得頂けると思います。

葉山隆一のプロフィール

葉山隆一

ここで少しわたしのプロフィールをご紹介しますね。

昭和50年、新潟大学医学部を卒業。
その後大学医局において病理学免疫学血液学を研究し、大学附属病院の医長を務めながら臨床医として経験を積みました。
解剖学においては博士号を修得していますね。

昭和60年米国へ2年間留学。
ハーバード大学マサチューセッツ工科大学などにおいて「磁気・免疫病理・血液の研究」をはじめ MRI やエキシマレーザーによる手術(レーシック)など最先端の医療技術を学びます。

昭和63年に帰国後に、愛和病院(埼玉県)副院長を経て、平成元年葉山眼科クリニックを開院。

臨床医として地域医療に専念しています。
平成2年から12年までは、帝京大学眼科講師を務めていて、現在も大宮医師会高等看護専門学校微生物学講師として活動中です。
ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の研究スタッフの一員としても在籍しているので、超最先端の医療情報を日々追いかけています。

関連書籍について

眼と脳についての書籍が特に多く、過去の出版は15冊あります。
一部をご紹介すると以下のような書籍がありますので、ぜひお手にとってみてください。

内容説明 「治療法がない」「手術しかない」といわれた症状が改善した!眼科医が実証した「新しい目の栄養素」。ルテインを摂取した黄斑変性症80人・白内障50人・緑内障20人に認められた驚くべき治療効果とそのさらなる可能性。
目次
第1章 日本でも黄斑変性症・白内障が増えている
第2章 黄斑変性症・白内障にルテインが効いた
第3章 新しい目の栄養素ルテインの正体に迫る
第4章 ルテインで多くの人が目の悩みを解消している

内容説明クラシック音楽の加工音による聴覚訓練。新時代の「明晰脳療法」として話題を呼ぶ。訓練の成果を記録と写真で立体解説。
目次
序章 うつ気分や不安な感情から逃れるための聴覚訓練
第1章 絵とき・聴覚訓練前後の変化と改善―カラー口絵の補足データ
第2章 明晰脳をつくる聴覚訓練の実際―訓練の方法とカリキュラム
第3章 元気な脳を取り戻した体験者のリポート―喜びの声とチェックリストの手記
カラー頁 「明晰脳」聴覚訓練ギャラリー「チェンジ!」―ブレインシグマ体験前後の絵の変化について
第4章 座談会 明晰脳療法は究極の音楽療法になりえるか―聴覚訓練の効果について関係者の証言

内容説明眼精疲労、近視、遠視、老眼、黄斑変性症―臨床データが物語るその素晴らしい効能のすべて。
目次
第1章 今、日本人の目が危ない
第2章 ブルーベリーが目に効いた
第3章 なぜブルーベリーは効くのか
第4章 ブルーベリーで若返ろう
第5章 上手なブルーベリーの摂り方
付録 ブルーベリーでこんなに元気になった!―体験者の声

内容説明臨床例2000人。黄斑変性症、白内障、緑内障を画期的に治す。新しい目の栄養素ルテインが驚異的な効果を発揮する。
目次
序章 目の病気で悩んでいるすべての人に
第1章 自分の大切な目のことを知らなさすぎる!
第2章 現代人の目が危ない!
第3章 ルテインが効く臨床データ
第4章 ルテインで治った!患者さんの声
第5章 世界の医学が注目するルテイン
第6章 ガン、心臓病、美容…ルテインの可能性

内容説明 レーシックは本来、メガネやコンタクトレンズで矯正しても視力があまり出ない強度近視の人を救うために開発されたものであり、実際に強度近視の改善に驚くべき効果がある画期的な治療法である。本書では、レーシックについてわかりやすく解説する。
目次
第1章 近視はほんとうに治せるのか
第2章 レーシックはこうして行われる
第3章 レーシックを受けたい人へ
第4章 黄斑変性症にも有効なレーシック
第5章 レーシックで視力を取り戻した体験報告
第6章 目によい栄養と食品

内容説明 「治療法がない」「手術しかない」といわれた症状が改善した!眼科医が実証した「新しい目の栄養素」。ルテインを摂取した黄斑変性症80人・白内障50人・緑内障20人に認められた驚くべき治療効果とそのさらなる可能性。
目次
第1章 日本でも黄斑変性症・白内障が増えている
第2章 黄斑変性症・白内障にルテインが効いた
第3章 新しい目の栄養素ルテインの正体に迫る
第4章 ルテインで多くの人が目の悩みを解消している

お問い合わせフォーム
葉山隆一のプロフィールはこちら

最後に、迷っている方へ

医療と研究と後継者育成に人生を捧げた70年でした。
今のわたしの最大のスキルは、「あなたの悩みを解決する最適解(最適検査)を提案できる技術」です。

若い頃に持っていた気迫だけのものとは違い「経験と継続の果てに」得た誰にも負けることがないと自負するスキル。

きっとあなたの深く深く苦しい悩みを緩和できると考えておりますので、悩みのひとつでもどうぞご連絡ください。
現役の眼科医という仕事もありますし、年齢的なことも有り、1日にご連絡できるのはほんの数人なので、緊急性でなく先着者を優先させてもらいます。

ご連絡は以下のフォームよりお願いします。

お問い合わせフォーム

更新日:

Copyright© 葉山生命科学研究所 , 2020 All Rights Reserved.